×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

直線上に配置

株の勉強をしよう 株の買い時を見わけよう!

株価の波を分析しよう!
1.トレンドラインで相場の方向をつかむ↑↓

株価は上向き?それとも下向き?
2.移動平均線で株価の「お買い得度」を見る

移動平均線は、過去の一定期間の株価を平均してグラフ化したものです。見方を変えれば、他の投資家がいくらでその株を買ったかという平均買付価格を表します。
たとえば、移動平均値が100円で株価が70円なら、割安と考えます。
あまりにもかけ離れると、「今の株価はちょっと高すぎる(安すぎる)」と警戒心が働き、株価が自然と元に戻る傾向があります。
「ゴールデンクロス」・・上昇トレンドに入るサイン。
「デッドクロス」・・下降トレンドに入るサイン。
しかし、ゴールデンクロスもデットクロスも、サインが出た時にはもう売買するには遅すぎます。また、クロスしても、すぐに元に戻る「だまし」があるので注意してください。
3.出来高で相場の転機を探る

出来高が増えると株価も上がる。
発表前にどこかから情報が漏れてじわじわと出来高が上がることがあります。
4.ローソク足で今後の動きを予測する

白いローソク足が多いようなら「相場が強い」
黒いローソク足なら「相場が弱い」
「ヒゲ」について
株価の上昇局面で長い上ヒゲを持つ白が出ると、最初は大幅な高値で始まった相場が最後はグンと下がったということで、そろそろ株価の上昇が一服しそうな予感。
反対に、株価が下落している場面で白か黒に長い下ヒゲが出ると、その後相場が反転して株価が上向く場合が多いので「買い」と考える。

株については、分からないの本を見てポイントを書いてみました。読んでも分かりませんね。


直線上に配置